セブンイレブン・マニアblog

実は、複数人からなるセブンイレブン・マニアがお届けするセブンイレブンのあんな事からこんな事(^^)笑

*

食品添加物の危険度ランキング !実は身近な本当に危ないBEST10

      2016/06/15

食品添加物の危険度ランキング !実は身近な本当に危ないBEST10

ここまで、食品添加物の記事を
二つまとめてきました。

それらをまとめると、

添加物は、
私達が思っているほど危険なもんじゃない

でした。

でした・が!

そうは言っても、
やっぱり気になるよ〜(^_^;)

って方も、
たくさんいると思います。

そこで、今回は、
日本で使われている食品添加物の中でも
特に危険度の高いトップ10をご紹介していきます!

最低限、ここを
抑えておけば
よっぽど大丈夫だと思いますので、
ぜひ、参考にしてみてください。


Sponsored Link


食品添加物危険度ランキングBEST10!

①リン酸塩

摂りすぎると、
体の治癒力や免疫力が低下する

②マーガリン

よく聞く名前ですが、
危険度が高いのも有名な添加物です。

菓子パンやクッキーで
バター代わりに使われることが多いです。

動脈硬化やぜんそく、アレルギーなどの
症状がみられます。

③アスパルテーム

人工甘味料で普通の砂糖の10〜200倍の甘さだそうです。

そのため、ノンカロリーの
炭酸ジュースなどでよく使われます。

体に見られる悪影響としては、
「健康な精子の数が減少する」と言われています。

④亜硝酸塩(ナトリウム)

ハムやソーセージなどの肉製品を
加工する際に使われる添加物です。

発色剤として、
色味を良くするために使われます。

発がん性物質だと言われており、
大量に摂取すると死に至るほどの中毒性があります。

⑤L-フェニルアラニン化合物

アスパルテームと同じく
人工甘味料です。

ガムやアメに使用されます。

発がん性物質を含みます。

⑥増粘多糖類

カラギナン、グアーガム、ゲル化剤も同じですね。

グミや菓子パン、カップ麺などで良く使用されます。

食感にもっちり感やとろみを付ける目的で
使用されます。

胃潰瘍、食欲不振、発ガン
などの悪影響を及ぼす場合があります。

⑦合成着色料

合成着色料にも、
様々な種類があり、
着色できる色があります。

その中の一部にすぎないのですが、
不妊症、発がん
などの危険性を持っています。


Sponsored Link


添加物の危険度ランキング まとめ

以上です。

いかがでしたでしょうか?

こうやって、
危険な添加物をまとめていると、

結構、知ってる名前の添加物も
含まれていて

おわっ!?
これ、よく見るやつやん!?Σ(゚д゚;)

怖ぇ~Σ(゚д゚;)

なんて思ってしまいましたが、
やはり、気にしすぎるのも
また、体に毒だと思うんですよね。


適度に気にしつつ、
上手に付き合っていくのが
バランスの採れた生活だと思います。

それでは、最後まで、
読んでいただき
ありがとうございました!


Sponsored Link

こちらもよく読まれてます。


Sponsored Link

 - 美容・健康