セブンイレブン・マニアblog

実は、複数人からなるセブンイレブン・マニアがお届けするセブンイレブンのあんな事からこんな事(^^)笑

*

ローソンのケニア・サファリマウンテンコーヒー!普通のと何が違う?

   


Sponsored Link

 
ローソンのケニア・サファリマウンテンコーヒー!普通のと何が違う?1

 

 

日中は陽が出ていると暑い時もありますが、
だいぶ涼しくなってきて
ホットコーヒーの出番が増えてきました!

100円のコーヒーも美味しいですが、
ローソンのマチカフェから出ている
シングルオリジン
というシリーズの
スペシャルなコーヒーが発売されました!

今回は
ローソンのケニア・サファリマウンテンコーヒーについて
紹介したいと思います。

 

 

ローソンのケニア・サファリマウンテンコーヒー!何が違う?

 

ローソンのケニア・サファリマウンテンコーヒー!普通のと何が違う?2

ケニア・サファリマウンテンコーヒー
300円

高品質なケニアコーヒーの産出エリアとして名高い「カラチナ地区」の原料を厳選。
果実味溢れる味わいが特徴です。

とても甘酸っぱい香りがして、
まるでコーヒーではないようなベリー系の良い香りがします。

はじめは強い酸味を感じますが、
だんだんカシスのような甘酸っぱさ感じられる
ようになります。

甘い酸味がクセになり、
一気に飲んでしまうほど美味しいです。

少し冷めてから飲むとより一層、
ベリー系の爽やかなか酸味を感じられます。

普通のコーヒーより、断然美味しいです。

何といっても香りが違い、
普通のコーヒーに+200円でこの味が楽しめるのなら
高くはないのかなと思います。

 


Sponsored Link

 

コーヒー豆について!

 

その名の通り、
ケニア産のコーヒー豆を使用しています。

ケニアのコーヒー豆は日本ではまだまだ認知度が低いですが、
欧米では「キリマンジャロ」よりも
高い認知度と評価を得ている世界的なブランド
のようです。

さらにケニアの中でも高品質な
「カラチナ」という産地のコーヒー豆を使用しているのです。

カラチナ地区は高品質ケニアコーヒーの特徴である、
カシスやベリー系の味わいを産出するエリアとして
名高い地区で
爽やかな酸味、柔らかな苦味、
しっかりしたコクを感じるバランスの取れた味わい
を、楽しめます。

 

 

ローソンの定番ホットコーヒー!

 

ローソンのケニア・サファリマウンテンコーヒー!普通のと何が違う?3

ホットコーヒーS
100円

バランスを極めたコクと旨み

酸味はあまりなく、香りは強くありません。

エスプレッソタイプのコーヒーですが、
コクや苦味が落ち着いていてバランスが取れています。

やや苦味が強めなので、
深煎りなどの苦味が好きな方におすすめです!

少しミルクを入れても美味しいです。

 

 


Sponsored Link

最後にルワンダコーヒーも!

 

ローソンのマチカフェから出ている
シングルオリジンシリーズのルワンダコーヒー。

ケニア・サファリマウンテンコーヒーの前に
発売されたコーヒーです。

 

ローソンのケニア・サファリマウンテンコーヒー!普通のと何が違う?4

ルワンダコーヒー
300円

ルワンダ北部ガケンケ郡チョコ地区の
スペシャルティグレード品、
甘くてほろ苦い味わいと
コクのある味わいが特徴です。

フルーティな酸味と甘い苦味を感じられて、
最初から最後まで美味しいコーヒーです。

 

 

シングルオリジンシリーズの
ケニア・サファリマウンテンコーヒーは
通常のホットコーヒーとは全然違い、
300円の価値がある!
…それ以上
と思う方もいるかもしれません。

コーヒー好きの方には、
ぜひ飲んでいただきたいです(^ω^)

こちらもよく読まれてます。


Sponsored Link

 - 飲み物